1-2/2
1   1/1ページ
1-2/2
 1/1ページ

活動報告一覧

公開

いきもの続々発見!

植栽地は東日本大震災の津波で一面が塩水に使ってしまったところですが、 震災から8年が過ぎ、植物だけでなく動物たちも住めるところへと変化しています。 寒かった冬も終わり、いろいろないきものを植栽地で見ることができます。 この時期は鳥のタマゴやそこから孵ったヒナが見れます。 見づらいかもしれませんが、右の写真はタマゴが孵った写真です。 時期はあまり関係ないのかもしれませんが、キツネやタヌキもいます。(なかなか見ることはできません…) キツネは植栽地に住んでいるという証拠に巣穴も発見しました。 他にも写真に収めるのは難しいですが、猛禽類がたくさん飛んでいます。

作成日時:2019/05/30 17:16

 更新日時:2019/05/30 17:16


公開

植栽始まりました!

5月9日に今年の植栽が始まりました。 今年の植栽地は北釜地区の残存林(津波でも残ったマツ林)です。 この場所の問題については 海岸林のブログ にも書きましたが、篠竹・矢竹が高密度で生えることです。 そのため、去年のうちに地拵えを済ませてありました。   今年の植栽面積は2ha、植栽本数は6000本。 例年通り、苗木の準備、水・ポリマーの準備などを進めていく再生の会と森林組合の皆さん。     この後、植栽地に移動して植栽開始。 去年とは注意する点も違い、山での植栽に慣れていない職人さんのために統括が丁寧に説明、実演。     残存林に植えるということで、一定の幅で...

作成日時:2019/05/30 16:33

 更新日時:2019/05/30 17:16


1-2/2
1   1/1ページ
1-2/2
 1/1ページ

プロジェクト詳細に戻る