【9/16】ルアンパバンミニマラソン大会を行いました!

皆様、いつもラオスの子どもたちのためのあたたかいご支援、ご協力ありがとうございます。

916日の月曜日に、職員でチャリティランナーの太田の現地出張に合わせ、

現地受け入れ団体のルアンパバン農業大学と10kmのミニマラソン大会を実施しました。

 

(スタート前の様子)

 

ラオスを支援してくれるランナーさんの気持ちを少しでも味わい、

大阪マラソンでの完走を応援したいとルアンパバン農業大学の教員と学生総勢約100人が参加しました。

 

 

 

(一斉にスタート!)

 

 

当日は、気温が上がる前の朝6時半ごろからスタートし、

農業大学から観光客にも人気な「パクウー洞窟」があるパクウー地区までアップダウンの激しい10kmの道を走りました。

 

 

 

(緑の多い道が続きます)

 

 

 

学生達は、日本とラオスの旗や

「大阪頑張れ!」とラオス語で書かれた旗を作り、それを持ちながら走ってくれました。

日頃から暑い中農作業をし、体力に自信のある学生達ですが、初めてのマラソンはとても大変だったようで、

あと4倍以上も走るなんて想像できない!という声や、

それでもとても楽しかったから来年は距離を倍にしたいという声が寄せられました。

 

(作った旗を持ちながら走る学生)

 

 

学生達が安全に走ることができるよう、

当日はパクウー地区の警察の方達が道路整備に協力してくれたり、

沿道のお家の方が水を差し入れしてくれたりしました。

 

 

(Somphong先生も頑張りました!)

 

 

大阪マラソン当日には、こうした学生や地域の人たちの応援を受け、

農業大学教員のSomphong先生が現地を代表して走ります!

チャリティランナーや応援してくださる皆様と会うのも楽しみにしてますので、引き続きどうぞよろしくお願いします!

 

 

(上位ゴール組、コツコツ練習している太田より早い学生がたくさんいました)