チトワンの村を走るVol.2

チトワンの出張2日目。私が走っていると聞いて「僕も走ります。明日何時出発ですか」とネパール人のスタッフが訊くので、「6時かな」と伝えたものの、結局彼は来ず・・・。後からきくと「7時に起きました」とのこと。この日は前日とは違う道を8kmほど走りましたが、途中で足を止めることしばしば・・・。出張中、特に活動地では色々と気になってしまうのです。折り返し地点にあった小さな寺院でお祈りの支度をしている人に「何を祀っているのですか」と尋ね、一緒に活動しているコミュニティラジオ局の前を通りかかって早朝勤務をしているスタッフに挨拶をし、水牛の牛車を操るおじさんに挨拶をしたら「乗って行け」と言われ・・・。トレーニングにはあまりならないものの、充実した早朝ランニング。

▼ネパールの駐在経験は長い私でも、初めて水牛が引く牛車に乗りました。操るのもなかなか難しそうです。

小松豊明

作成日時: 2019/09/30 00:25

プロジェクト: バングラデシュの女の子たちの権利を守るため、事務局長も走ります!