がんにならない、がんになっても自分らしく生きられる社会づくり

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。支援申込後のキャンセルはできません。
この団体は寄付金控除対象団体です
支援額

¥ 1,216,500

支援数

78

ファンドレイザー

28

開始日時:
2019/04/05 10:00
終了日時:
2019/12/06 17:00
残り日数・時間
192日20時間49分

プロジェクトオーナー

認定NPO法人がんサポートコミュニティー

私たちは、がんと診断されることが患者さんはもちろんそのご家族にとっても深刻な苦悩を伴うことを理解しています。とくに患者さんが悪い知らせを受けるとき、多くはショック、孤独と不安を抱きます。私たちは、がん患者さんとそのご家族が抱える苦悩をやわらげるために臨床心理士、社会福祉士や看護師といった専門家による心理社会的支援を東京・千葉・大阪で提供しています。そして「がんにならない、がんになっても自分らしく生きることができる社会」をめざし、地域コミュニティにおける専門家による心理社会的支援の充実、そうした支援を提供できる専門家の育成、さらに広く市民に向けてがんに関する意識や知識の向上を図る啓発活動に取り組んでいます。

プロジェクト概要

私たちは、がんによって影響を受けた人たちの生きる希望を支える、看護師、社会福祉士や臨床心理士といった専門家による心理社会的な支援を提供する世界最大規模のがん患者支援団体Cancer Support Community(https://www.cancersupportcommunity.org/の日本支部として2001年に東京でスタートしました。私たちはこうした活動が地域コミュニティーに根ざして展開されることが重要だと考えています。2009年からは千葉に、2013年からは大阪にその活動のエリアを広げています。

 

私たちは大阪マラソンの寄付金によって大阪における以下の活動の充実を図り、がんにならない、がんになっても自分らしく生きられる社会づくりに寄与したい、そして皆様と一緒にそうした社会を実現したいと考えています。応援をよろしくお願いします。

 

◆がん患者支援:がんと共に生きる仲間と出会い、語り合うことで生きる希望を見出せます!

大阪サポートグループの様子がんを学ぶセミナーOSAKA

私たちは、がんと診断されたことが深刻な苦悩を伴うかもしれないことを理解しています。患者さんやそのご家族は悪い知らせを聞かされたとき、多くはショックを受け、孤独と不安を抱きます。自分と似たような境遇にある人たちと出会うことで自分は決して独りではないと感じられます。彼らと語り合うことで生きる希望が湧いてきます。そして、自らがんと向き合うことで自分らしく生きることの大切さに気づきます。私たちはこうしたがんと共に生きる仲間と出会い、語り合える機会と場が患者さんやそのご家族が生活する地域コミュニティーにあることが必要だと考えています。

 

私たちは、大阪マラソンでいただいた寄付金によって、2013年9月より大阪を中心とした関西圏で生活されている患者さんやそのご家族のために専門家による心理社会的な支援の機会と場を創り出しました。大阪国際がんセンターと協力して、さらなる充実をめざします。

 

私たちは、がん患者さんやそのご家族が正しい情報にアクセスできるよう、2018年10月に無料のスマートフォン対応がん患者支援アプリ「CAN.」を開発し、さまざまな情報へのアクセスに役立てていただけるよう取り組んでいます。

 

がん患者支援アプリ「CAN.」ダウンロードページ 

iOS版 https://itunes.apple.com/jp/app/id1434374747

Android版 https://play.google.com/store/apps/details?id=org.csc.japan.can

 

◆がん予防啓発:あなたとあなたの大切な人のために、がん検診を受けましょう!

日・英・中の多言語対応したがん予防啓発リーフレット大阪マラソンEXPOでの様子

ほとんどのがんは、生涯にわたって起こる遺伝子変化で始まります。日本人の2人に1人は人生のどこかでがんになるといわれています。多くのがんは治りますが、一部のがんは再発したり身体の他の場所に転移することがあります。いくつかのがんは治すことができませんが、治療で制御することができます。しかし、がんは世界で2番目に大きな死因であり、6人に1人はがんが原因で亡くなるといわれています。私たちはがんにならないために、たとえがんになっても自分らしく生きられるように、がんの早期発見と早期治療が重要だと考えています。

 

私たちは、大阪において、がんについての正しい知識を学ぶ機会と場の充実をめざします。また、広く社会に、あなたとあなたの大切な人のために、がん検診の受診を呼びかけます。なお、大阪マラソンに参加される多くの海外ランナーの皆様の母国語によって、がんに関する意識・知識の向上を図っていただきたいとの思いから、多言語(日本文・英文・繁体中文・簡体中文ほか)に対応したQRコードを付与したリーフレットを用意しています。

 

◆地域コミュニティーでの連携と人材育成:医療機関等との連携や支援者の育成によって、継続的な支援体制をめざします!

患者支援プログラムを学ぶセミナーOSAKA2017患者支援プログラムを学ぶセミナーOSAKA2016患者支援プログラムを学ぶセミナーOSAKA2017配布物

私たちは、大阪を中心とした関西圏で生活されている患者さんやそのご家族への心理社会的支援の機会と場の充実をめざすために、専門家の育成と関西圏に所在するがん診療連携拠点病院等の医療機関との連携を深めていくことが必要だと考えています。大阪において、関西圏に所在するがん診療連携拠点病院等の医療機関で活躍される専門家との意見交換、彼らが患者支援を充実させるための研修の機会と場の充実をめざします。

 

◆マルチパートナーシップによる新たな社会資源の創造:がんになっても自分らしく生きられる“大阪”のまちをめざします!

私たちは、他の第9回大阪マラソンオフィシャル寄付先団体である自然環境復元協会やプール・ボランティアはじめ、様々な地域で活動される組織とマルチパートナーシップを結び、がんになってもその人らしく生きられる“大阪”のまちをめざします。また2017年には日本環境教育フォーラム(第7回大阪マラソンオフィシャル寄付先団体)と小児がんを克服した子どもやがんと向き合う親を持つ子どもに自然と触れ合い学ぶ機会と場を創り出しました。2018年からは自然環境復元協会、千葉大学と協働して「がん患者さんのための園芸療法」を開講しました。こうしたマルチパートナーシップを大切にしつつ、様々な取り組みの充実をめざします。

LINEで送る

このプロジェクトをシェアしよう!

このプロジェクトを支援しているファンドレイザー(28)

大阪マラソン2019を走ることでがんと闘う人々に愛と勇気を与えたい!

New!

募集中

支援数
1
支援総金額
¥ 20,000

がんと闘う人々を応援するため大阪マラソン2019を走ります!

New!

募集中

支援数
1
支援総金額
¥ 20,000

山中教授の研究サポーターとして応援します。

New!

募集中

支援数
1
支援総金額
¥ 20,000

がんに苦しむ患者さんとそのご家族をサポートするために,私は走ります!

New!

募集中

支援数
1
支援総金額
¥ 20,000

61才!【がんサポートコミュニティ】チャリティーランナーとして走ります!ご支援お願いします!

New!

募集中

支援数
1
支援総金額
¥ 20,000

がん患者とその家族のサポーターとして参加します。

New!

募集中

支援数
1
支援総金額
¥ 20,000

がんサポートコミュニティーのサポーターとして参加します。

募集中

支援数
1
支援総金額
¥ 20,000

がん患者さんの未来の為にチャリティーマラソンに参加します!

目標達成!

募集中

支援数
46
支援総金額
¥ 135,500

支援コメント(0)

一覧に戻る
支援する ランナー登録する

ランナー登録をして大阪マラソンに参加しよう