途上国の人々に水とトイレを届けるために

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。支援申込後のキャンセルはできません。
この団体は寄付金控除対象団体です
支援額

¥ 1,212,100

支援数

117

ファンドレイザー

30

開始日時:
2019/04/05 10:00
終了日時:
2019/12/06 17:00
残り日数・時間
77日0時間15分

プロジェクトオーナー

認定NPO法人ウォーターエイドジャパン

すべての人々が清潔な水とトイレを利用できるよう途上国で活動を行う国際NGOです。最も貧しく社会から取り残されたコミュニティの人々の生活を変えていくために、清潔な水を得るための設備や衛生設備の供給、さらに衛生教育の実施に取り組んでいます。

プロジェクト概要

-English below-

すべての人に清潔な水と適切な衛生を届けるために

 

WaterAid/ Adam Patterson/ Panos

 

私たちの生活に欠かせない水。

しかし、世界では、現在も—

9人に1人、約8億4400万人の人々が清潔な水を利用できません。

また、3人に1人、約23億人の人々が適切なトイレを使うことができず、

不適切な水と衛生による下痢が原因で、1日約800人の子供たちが命を落としています。

 

そんな状況を変えるためにウォーターエイドは世界34か国で活動をしています

ウォーターエイドは、世界の清潔な水を得ることができない人々を支援することを目的に、

1981年にロンドンで設立された国際NGOです。

1991年からはイギリスのウェールズ公が、ウォーターエイドの会長を務めています。

 

最も貧しく社会から取り残されたコミュニティの人々の生活を変えていくために、

清潔な水を得るための設備

衛生設備の供給

衛生教育の実施

に取り組んでいます。

 

 

 

『清潔な水』が人々の生活に好循環をもたらします

 

【活動事例:マダガスカル】

 

プロジェクトが実施される前、マダガスカル・アンベロメナ村の飲み水は不衛生な小川の水でした

 

WaterAid/ Ernest Randriarimalala

 

ウォーターエイドによるプロジェクトが実施される前、エスターさんは1日少なくとも3回、険しい道を通り水くみに行かなくてはなりませんでした。

そのうえ、大変な思いをしてくんできた水も清潔とは言えないもの。

 

生活は苦しく、時には何も食べものがないこともあり、特に雨期になると、水源の水が濁るため子供たちはほぼ毎日腹痛や下痢に苦しんでいました。健康上の被害だけではありません。水くみに時間がかかることで、仕事をする時間がなく貧困から抜け出せない、子供たちは学校に通うことができないといった問題も起こります。農業を営むのにも水が必要です。農業ができれば作物を市場で売って生活のレベルを上げていくこともできるかもしれません。

 

水がないことが、こうした様々な可能性を奪ってしまいます。

 

 

地域に適した解決方法を提供、住民と力を合わせてー

 

WaterAid/ Ernest Randriarimalala

 

ウォーターエイドは、清潔な飲料水を届けるために、その地域の気候、社会、水質、地形等に最も適した方法を選びます。

 

今回、アンベロメナ村に水を届けるための解決策として選んだのは「自然流下方式の給水設備」。標高の高いところにある湧き水の水が、パイプを通って村内にある貯留タンクへ。そのタンクから、村内各所にある給水用の蛇口に届くというしくみです。重力で水が運ばれるため、ポンプや電気が不要で維持管理しやすい一方、水源から村までのパイプの敷設には住民の協力が必要となります。

 

「村の子供たちにきれいな水を飲ませたい」アンベロメナ村に水を届けた住民の皆さん

WaterAid/ Ernest Randriarimalala

 

清潔な水は単に人の命を救うだけではありません。

 

S 女性たちを社会参加へ導き、

S 子供たちに教育を受ける機会を与え、

S 人々の健康を支え、

S 人々の生計を変えることができます。

 

水を得ることでコミュニティも機能し始め、人々が貧困から抜け出すことが可能になります。

 

WaterAid/ Ernest Randriarimalala

 

村に水が来た今、以前のように下痢にかかることもなくなり、治療費にお金を使う必要もなくなりました。

半年後、1年後には、私たちが想像しなかったような「好循環」が生まれているかもしれません。

 

ウォーターエイドの活動

2030年までにすべての人が清潔な水、適切な衛生設備を利用できる世界を目指し、給水設備の設置や衛生的なトイレの普及、人々の意識を改善するための衛生教育等の活動を行っています。

また、日本国内での啓蒙活動や政策提言等にも取り組んでいます。

WaterAid/ Ernest Randriarimalala

 

寄付金の使途

このたび皆さまからいただくご支援で、給水設備やトイレの設置、それを住民たちが維持管理していくための体制づくり、設備の修理や管理のための研修、衛生教育などを実施します。

今回お寄せいただくご寄付は主にモザンビークインドでの水・衛生事業に使わせていただきます。

 

すべての人々が清潔な水とトイレを利用できるよう、チャリティランナーとして、ご支援をお願いいたします!

 

▼最新情報はウェブサイトならびにSNSで発信中▼

ウェブサイトはこちら

Facebook / Instagram / Twitter

 

-----------------------------------------------------------------------------

Run for WaterAid in the Osaka Marathon to #FinishThirst!

WaterAid started in 1981 because no non-profit like us existed.

We are determined to make clean water, reliable toilets and good hygiene normal for everyone, everywhere within a generation.

Only by tackling these 3 essentials, in ways that last, can people change their lives for good. 

 

Since 1981, we have empowered:

- 25.8 million people with clean water

- 25.1 million people with reliable toilets

 

Apply for a charity place today and take part in an unforgettable marathon challenge, whilst also helping to bring clean water, decent toilets and good hygiene to people. The funds raised for this event will be used for our work in India and Mozambique.

 

Visit our website to know more about our work: WaterAid Website

Find more info about the Osaka marathon on our website:

https://www.wateraid.org/uk/get-involved/events/osaka-marathon

If you have a question, feel free to contact Marina in our team at info-japan@wateraid.org

LINEで送る

このプロジェクトをシェアしよう!

このプロジェクトを支援しているファンドレイザー(30)

水の環境を良くするサポーターとしてチャリティーランに参加します。

募集中

支援数
1
支援総金額
¥ 20,000

WaterAidジャパンを応援するために精一杯走ります!

募集中

支援数
16
支援総金額
¥ 51,550

初のチャリティーマラソン参加。少しでも水不足に困る人の救いになりたい!

募集中

支援数
1
支援総金額
¥ 20,000

Run for water aid

募集中

支援数
4
支援総金額
¥ 27,000

世界中に水を届けるために走ります!

募集中

支援数
3
支援総金額
¥ 26,500

WaterAidジャパンを応援するために精一杯走ります!!

目標達成!

募集中

支援数
29
支援総金額
¥ 72,000

RUNNING 42KM FOR CLEAN TOILETS

募集中

支援数
21
支援総金額
¥ 54,450

大阪マラソンチャリティーランナーとして思いを繋げます

募集中

支援数
1
支援総金額
¥ 20,000

支援コメント(0)

一覧に戻る
支援する ランナー登録する

当団体へのランナーエントリー数は上限に達しました