がん患者の気持ちのしんどさや不安、困りごとに耳を傾ける・・・そんな団体「つながりひろば」です。

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。支援申込後のキャンセルはできません。
この団体は寄付金控除対象団体ではありません
支援額

¥ 1,176,500

支援数

233

ファンドレイザー

18

開始日時:
2019/04/05 10:00
終了日時:
2019/12/06 17:00
残り日数・時間
77日0時間26分

プロジェクトオーナー

特定非営利活動法人つながりひろば

がんと向き合う人たちが「いつでも・だれでも・自由に」訪問できる、そんな場所ができました。
2017年11月に設立されたがん患者支援団体「つながりひろば」です。
 がんと診断された時からの気持ちのしんどさや困りごとに耳を傾け、患者さんやご家族の不安に向き合います。少しでもこころが軽くなるように支援します。
 主な活動は①がん患者同士の交流・意見交換②各種相談③癒しや物作りを通したきっかけ作り④健康回復支援 です。
 健康回復支援活動の一つとして、「がん患者と共に走る」ことを目的に、元気マラソンチームがあります。病気をしてもランナーとしての自己目標を達成することが目的です。昨年もメンバーが複数名大阪マラソンに出場し、無事全員完走しました。私設応援団は手作り応援マップを持って沿道で応援も楽しみました。

プロジェクト概要

国民の人に人が生涯のうちにがんと診断される現在、がんは他人事ではなく身近な病気という認識が必要です。
つまり、がんと診断されたときに慌てないための準備が必要になります。

がんと診断されたご本人、第2の患者であるご家族と一緒に向き合っていくことになります。

①がんと診断された段階
 ・家族にどう伝えればいいの?
 ・治療はどんな方法があるのか?
 ・病院はどこを選べばよいのか?
②治療段階
 ・悶々とする中で誰に相談すればいいのか?
 ・副作用のしんどさは?
 ・仕事は続けられるのか?
情報を探すにはどこを見ればよいのか・・・どこに行って誰に相談すればいいのか・・・

そんな時に是非、「つながりひろば」をノックしてください。
医療専門職やがんサバイバーが自分たちの経験・体験を通じて一人一人の不安の相談に対応します。
気持ちのしんどさや困りごとに耳を傾けながら、患者さんやご家族に向き合います。そして少しでもこころが軽くなるように支援します。
気持ちやこころの拠りどころとして気軽に訪れてください。

【団体プロフィール】
1)設立経緯
2017年11月にがんと向き合う人の支援団体として、特定非営利活動法人「つながりひろば」が大阪市の認可を受け活動を開始しました。
設立の背景は、大阪国際がんセンターが2017年に現在の大手前地区に移転し新しい施設としてスタートするに際し、「患者目線での医療の提供」という視点から、がん患者に提供するサービスとして不足していることは「いろんな話が出来る場がないこと」であり、そんな場所を作る必要があると認識されました。そして2017年5月より設立の準備が始まり、患者さんが「いつでも・だれでも・自由に」訪問できる「場」を作りました。
活動拠点は本年3月に完成し、3月15日にOPEN、新事務所での活動を開始しています。
2)活動拠点
大阪国際がんセンター 患者交流棟 2F
OPENしたばかりのピカピカの事務所です。
おおよそ100㎡のスペースで、あたかも自宅に戻ったような雰囲気とゆったりとした時間が流れる空間を提供しています。
ゆっくり美味しいコーヒー・紅茶でも飲みながら相談や日頃のストレス・治療のしんどさから解放されてみませんか?
    
3)主な活動内容
①つながって語ろう会
施設を超えて、がん種を問わず、がんと向き合う人たちが集まって自由に話し合える「場」です。
治療の選択、副作用のしんどさ、転移や再発への向き合い方、食事やお金や仕事の事等、患者さんの体験を中心に話を進めます。
知らなかったことや自分にもできる事など新たな気づきにも出会えます。また、自分の経験が人の役に立つ喜びにも出会えます。
この場での話はもちろん、この場から外に出さないことをルールにしています。また、患者同士のつながりも広がっています。

    
②市民活動・相談会
大阪のシンボルタワー「あべのハルカス」でがんと診断された時に慌てないため「知って得するがんライフ」として市民活動や「つながりひろば」の広報活動、がんと向き合っている方の相談を受けています。
体験コーナーとしてハンドケア、乳がんしこりタッチ、骨盤調整なども同時に開催しています。
    
③イベント
治療上のしんどさやつらさからひと時でも病気を忘れて気持ちを軽くしてもらうためのもの作りイベントを開催しています。
また、年に一度の自分らしくがんと向き合うシンポジウムを開催し、元気や勇気、希望や目標のヒントを見出す機会としています。
      ★ハーバリウム作り     ★シンポジウム「自分らしくがんと向き合う」宮川花子さん
        
④健康回復支援活動
がん患者やその家族、医療従事者等が集まってランニングやウォーキング等をすることで健康回復を支援しています。ランニングを中心に活動しているメンバーは「元気マラソン」チームとして大阪マラソンをはじめ多くのマラソン大会に参加し、がんに負けずに成長する姿を楽しんでいます
また、年に一度大阪城公園で「ジョギングフェスティバル」を開催し、がん患者だけにとどまらず、一般参加者として大人から子供まで、走っても歩いても良しの人と競争するのではなく健康である事を実感するハードルの低い大会を開催しています。また、このことはがんと向き合う人たちの社会の中での理解を啓発する目的もあります。
    ★いつもの練習前集合写真  ★ジョギングフェスティバル 集合写真と元気に参加した子供たち
      

【チャリティランナーへの お・も・て・な・し】
大阪マラソン自体が提供するチャリティランナー向けのお・も・て・な・し
①チャリティランナー専用受付
 EXPO会場のランナー受付ゾーンでは、一般ランナーとは別に、チャリティランナー専用レーンを設置。
 待機することなくスムーズに受付を行うことができます。
②オリジナルグッズの進呈
 大会組織委員会で作る「なないろチャリティTシャツ」等の進呈。
 大会当日は、こちらのTシャツを着用して、大阪マラソンのチャリティをPRしていただきます。
 ※その他、チャリティランナー専用エリア(更衣室、給水、給食エリア等)を設置予定
③沿道での大阪らしさ満載の応援

つながりひろばが独自に提供するチャリティランナー向けのお・も・て・な・し
初マラソン初完走を目指す方は、特別に全力で応援します。
沿道での応援は当然ですが、一緒に完走を目指しましょう!
1)練習
「元気マラソン」チームが開催している日々の練習への参加
毎週月・木曜日の19:00頃から大阪城公園大手前門前に集合し、大阪城公園を1~2周(5k/周)ランニングしています。
チームメンバーとの相互啓発につながります。
大会前になると追い込みをかけるランナーと一緒に本格練習も可能ですが、参加者各自は体調と相談しながら練習しています。
    ★練習前のファイティングポーズ!
    
「元気マラソン」チームとして開催している大阪マラソンに向けた練習への参加
・昨年は8/初旬に10k,9/初旬に20K、10/中旬に実際のコースを30K試走会を実施
 (本年も同様に開催予定)
     ★初秋の中での20K走      ★コース下見を兼ねた試走会
      
チャリティ寄付先団体との連携イベントへの参加(予定)

2)応援
「つながりひろば」独自の応援
 大阪らしさ満載 プラス こころのこもった お・も・て・な・しを提供
 ・「元気マラソン」ランナーだから出来る「応援してもらいたいポイント」に私設エイドを設置
 ・ランナーからスペシャルドリンクを預かり、指定された場所で提供します。
    ★昨年の選手から預かった品々  ★こまいどエイド
      
初マラソン完走を目指すチャレンジを全力でサポート
 チャリティランナーのチャレンジを必死にサポート!
(チャリティランナーの走力・体力にも関係しますが、要望に応じてサポートランナーと一緒に完走を目指しましょう!)

3)その他
「つながりひろば」大阪マラソン大会前交流会 カーボローディングパーティ(仮称)へのご招待
大阪城の目の前にある大阪国際がんセンター患者交流棟(事務所)にてチャリティランナーと「元気マラソン」チームとの交流を目的に、大会直前のスタート・ゴール地点をみんなで下見したり、レース戦略を練りながら炭水化物を摂取しましょう!
これから挑戦するひとりひとりの42.195kを語り合いましょう!多くの人たちの走る目的を聞くことも参考になります。

「つながりひろば」特製オリジナルランニングソックスを進呈(予定)

「つながりひろば」大人気キャラクター「ひろくまくん」ブローチを進呈(予定)
  ウェアーやランニングキャップに着けて、ひろくまくんと一緒にゴーーーール!
   ★結構人気者です(^^)
    
「つながりひろば」大阪マラソンチャリティ感謝会 サンキューパーティ(仮称)へのご招待
大会後に楽しかった思い出、悔しかった思い出、うれしかった思い出、悲しかった思い出等々いろんな想いをみんなで共有し、励ましあったり、感動しあったりこころのこもったサンキューパーティを開催予定です。思い出の42.195キロを語り合いましょう!
また、がん患者の交流することであらたな出会い・つながりを楽しみましょう!

【寄附金の使途予定】
「つながりひろば」は歴史の浅い団体ですが、徐々に存在を知る患者さんも増えてきました。大阪国際がんセンターの敷地内に事務所があるという好立地で、日を追うごとに訪問者も増えてきています。

まだまだよちよち歩きの状態ですが、がん患者を想う気持ちは誰にも負けないつもりです

皆様からのご支援いただきますご寄附は、下記内容に活用させていただきます。
 ・チャリティランナー支援活動
 ・「つながりひろば」のがん患者支援事業
 ・社会啓発活動、人材育成、事業継続・維持活動等

また、「つながりひろば」の活動をひろげていくために「活動の輪を大阪発信でひろげよう」に使わせていただこうと思っています。


がんは2人に1人が生涯のうちに診断される時代です。インフルエンザにかかるよりも多くないですか?

自分は関係ない、大丈夫など他人事ではなく、身近な病気という認識が必要ではないでしょうか?
がんと診断された時に慌てないための準備を是非・・・・・

そんな時にどうぞ「つながりひろば」のドアをノックしてください
気持ちが少しでも軽くなるように心を込めてしっかり相談に対応します


そんなつながりひろばをどうぞ応援・ご支援してください。ご寄附賜ります様によろしくお願いします。

【つながりひろば】
〒541-8567
大阪府大阪市中央区大手前3丁目1-69 大阪国際がんセンター 患者交流棟2F
  担当:理事長 笹田友恵   事務局 一宮幸市
営業時間:10:00~16:00
TEL:06-4301-4990  FAX:06-4301-4991  Mobile:080-4892-3847
mailto:tsunagari.2017@gmail.com
HP  https://tsunagari-osaka.amebaownd.com/

第2回「ちょっと頑張る練習会 3時間走」

9月も中旬、季節的にはもう秋・・・のはずが、気温36度とまるで8月猛暑の季節に戻ったかの天気ですが、...

特定非営利活動法人つながりひろば

もっと読む

大阪マラソン応援隊配置場所と「こまいどエイド」設置地点確認目的でコース下見敢行

一度は秋を感じる季節になったものの、ここもとまた猛暑ぶり返しかと思う毎日ですが・・・
皆さん練習は...

特定非営利活動法人つながりひろば

もっと読む

第一回「ちょっと頑張る練習会」

猛暑の真っ最中・・・運動を行うことすら危険な状況下の毎日ですが・・・・・
この暑い夏に流した汗は、...

特定非営利活動法人つながりひろば

もっと読む
LINEで送る

このプロジェクトをシェアしよう!

このプロジェクトを支援しているファンドレイザー(18)

今回4回目.頑張ります。

募集中

支援数
7
支援総金額
¥ 56,000

チャリティーランナーで参加します。

目標達成!

募集中

支援数
2
支援総金額
¥ 71,000

がん患者と家族と医療者の絆を深めるサポーターとして、チャリティーマラソンに参加します。

募集中

支援数
3
支援総金額
¥ 22,000

CANCER ERADICATION

募集中

支援数
2
支援総金額
¥ 21,000

癌撲滅

募集中

支援数
2
支援総金額
¥ 21,000

「がん患者さんや飲食店で働く人を受動喫煙から守りたい」禁煙飲食店応援サイト・ケムラン管理人

募集中

支援数
7
支援総金額
¥ 41,000

大阪マラソン新コースをめざせ!

目標達成!

募集中

支援数
30
支援総金額
¥ 91,500

がんサバイバー仲間と新しいマラソンコースを駆け抜けたい!

募集中

支援数
15
支援総金額
¥ 57,000

支援コメント(3)

Be9258ee d21d 40ae 9ae0 57a96f701fae

Smile

頑張ってください

Be9258ee d21d 40ae 9ae0 57a96f701fae

匿名支援

頑張ってください

Be9258ee d21d 40ae 9ae0 57a96f701fae

匿名支援

がん患者さんの支援、とても大切だと思います。<BR />応援しています。

一覧に戻る
支援する ランナー登録する

ランナー登録の受付は終了しました