グリーンバードの代表として、3回目の大阪マラソンに挑戦!

目標達成!

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。支援申込後のキャンセルはできません。
この団体は寄付金控除対象団体です
支援額

¥ 70,000

目標金額:¥70,000

100%

支援数

9

開始日時:

2019/06/18 16:22

終了日時:

2019/12/06 17:00
残り日数・時間
24日3時間33分

ファンドレイザー

keisukeey

自己紹介

プロジェクト概要

今年7月よりグリーンバードの代表(3代目)に就任しました、

福田 圭祐(フクダ ケイスケ)です。

 

東京生まれ、東京育ち。90年生まれの28歳。

 

大学の推薦試験のために、「ボランティア ごみ拾い」で検索し、

一番最初にヒットしたこの団体に、初めて参加したのが10年前の18歳の夏。

 

・家の前をキレイにしてくれてる方々を見て自分もやろうと、音楽作曲家さん。

・お客さん探しのついでに、せっかくだから社会貢献しようかなと、美容師さん。

・夏休みの自由研究として、双子の小学生とそのお母さん。

・某ジャニーズのメンバーが参加しているのを聞きつけた、ファンのお姉さんたち。

 

参加の理由は人それぞれ。

「ごみ拾い」というひとつのアクションが、普段では決して交わることない人種を繋ぐ。

そして新しい「繋がり」が生まれる。

 

これは凄いぞ!と目を輝かせて興奮したのを、今でも鮮明に覚えています。

 

ごみ拾いを続けること10年。

大学卒業後、広告代理店に就職。

2年前、会社を退職し、この団体「働く」という道を歩み始めました。

 

大手広告会社を辞めてまで何故?

ごみ拾いを仕事にまでしたいのは何故?

よくそんな質問をされます。

 

「ポイ捨てカッコ悪いぜ!」「きれいな街は、人の心もきれいにする」

このメッセージを、一人でも多くの人に届け、共感してくれる仲間を増やしたい。

その一心でこの”ごみ拾い”を仕事にすることを決断しました。

 

グリーンバードは今年で設立17年目を迎え、国内78・国外12の計90チームで活動しています。

地域に住む人、働く人、遊ぶ人、学ぶ人。子供から大人まで、外国人の方々も。

"いつでも誰もが自由に参加できるボランティア"として輪を広げ、年間参加者数は3万人を超えました。

 

今、グリーンバードは新たなビジョンを掲げ、挑戦をスタートしました。

 

「ポイ捨て0の社会」から「ごみ拾いが地域を支える社会」へ。

 

例えば、グリーンバードの活動を通じて、地元の町内会や商店会の方々と繋がり、

地域のお祭りなどイベントをお手伝いしたり、時には主催したり。

 

地域の「コミュニティ欠如」が日本各地で深刻な課題と謳われる中、

私たちがコミュニティリーダーの役割を担う。

 

そんな新しいごみ拾いの枠を超えた、新たな可能性にチャレンジしています。

 

長くなってしまいましたが、最後に皆さんにお願いあります。

500円から寄付可能ですので、どうか力を貸してください!

 

頂戴した寄付金は、日々の清掃活動に必要な掃除用具の購入費や輸送費をはじめ、

団体の運営資金として1円たりとも無駄なく活用させて頂きます。

 

 

LINEで送る

このプロジェクトをシェアしよう!

支援コメント(8)

匿名支援

はるま

一緒に頑張りましょう!!

sensuiya

3代目!一緒に走りきりましょう。

ぱずう

いつもありがとう!感謝してます。

匿名支援

応援してます〜〜〜

宮崎チームミズキング

宮崎から応援しています!

いでお

今年は走れませんでしたが熊本から応援してます

ハッシー

真備ではお疲れ様でした。いつも熱い思いに関心させられますし、そのお姿に元気づけられている方々が多いと思います。ご無事で完走できますこと、お祈りしております。

一覧に戻る